古くなった住宅をリフォーム

スタッフとの相性を見極める

すぐに説明が伝わる人

何回説明しても、こちらの意見を理解できない人はいます。
それは相性が悪いと思って、スタッフや業者を変えてください。
様々な業者のスタッフを比較して、しっかり意見を理解してくれる人を厳選しても良いですね。
スタッフが意見を理解することは、非常に大事です。
妥協しないで、本当に良いスタッフを見つけてください。

ただこちらの説明が不十分だと、どのようなスタッフでも意見を理解できないでしょう。
その状態では、意見を理解してくれる人に出会うのは不可能です。
前もって意見をメモにまとめておきましょう。
説明する準備をしていれば、伝わりやすいです。
メモを見せながら伝えたり、図形を見せると良いですね。
具体的に伝えられるよう、努力しましょう。

より良いデザインにする

どうすれば家族みんなが暮らしやすい住宅になるのか考えて、デザインを決めてください。
アイデアが浮かばない時は、スタッフに相談しましょう。
いつでも相談に乗ってくれるという部分も、良いスタッフの条件です。
住宅で暮らす人数を伝えると、適切な広さを教えてくれるでしょう。
人数に対して狭いリビングでは、ゆったりと過ごせません。

窮屈な思いをするので、自宅にいながらストレスが溜まってしまいます。
仕事や学校で疲れた身体を、しっかり癒せる住宅を目指してください。
また高齢者がいるなら階段の段差を低くする、手すりを付けるなどの機能も必要です。
小さな子供がいる家庭は、ぶつけてケガをしないように角をできるだけなくすと良いですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る